韓国由来のSBJ銀行とは

SBJ銀行のSBJとは「Shinhan Bank Japan」の頭文字をとったものです。韓国の大手銀行である「新韓銀行」が100%出資する子会社で、日本の銀行としての免許が与えられています。新韓銀行は韓国内だけの営業から、さらにグローバルに展開をするために日本に銀行を設立し「日韓経済の懸け橋になる」ことと謳っていますが、現在ではアメリカや中国など世界に広いネットワークをもつ金融機関です。同じように日本で免許を取って営業している外国銀行には、良く知られているシティバンクがあります。

取扱商品は、円預金、外貨預金、住宅ローンなどで、何といっても定期預金の金利が他行よりも抜きんでて高い、ということが特徴の一つです。金利の高さを誇るネット専業銀行よりもさらに高金利なのは注目に値します。例えば1週間満期の定期預金がありますが、同じように短期の定期預金で人気の東京スター銀行などよりもさらに高金利です。

また外貨預金の金利も高く、海外への送金が容易、高金利のウォン建ての定期預金ができる、ということも見逃せないでしょう。

その支店は、東京以外には名古屋、大阪、福岡と、日本全国とまではいきませんが、口座はインターネットからでも開設できます。もちろんインターネットバンキングのサービスもあります。自社のATMはありませんが、セブン銀行、みずほ銀行、イオン銀行のほか、コンビニのATMが使えますので、日本の銀行と同じような使い勝手の良さでしょう。

SBJ銀行は当然のことながら在日韓国人の利用者が多く、日本で集まったお金を韓国で運用していたことで金融庁の調査が入ったことや昨今の政治情勢から、金利は高くても利用を不安がる人も多いようです。

しかし、日本の銀行協会にも加盟し、預金保険機構対象の金融機関でもありますから、日本の銀行と変わりはありません。例え経営不振などで日本から撤退したり、破綻したとしても、他の銀行と同じように1000万円までは保証されています。

ベールに包まれたSBJ銀行
contents

SBJ銀行の円定期預金

韓国由来のSBJ銀行とは

SBJ銀行の外貨定期預金

SBJ銀行の振込み手数料とATM

SBJ銀行のキャンペーン

SBJ銀行のメリットとデメリット

Copyright © 2014 ベールに包まれたSBJ銀行. All Rights Reserved.