SBJ銀行のメリットとデメリット

SBJ銀行のメリットといえば、まず高金利が挙げられます。しかも日本の預金保険機構にも参入していますから、1000万円までは保証されます。2014年10月現在の金利は円普通預金ではメガバンクよりは高い金利ですが、住信SBIネット銀行のSBIハイブリット預金には及びません。しかし、定期預金になると俄然高金利です。1週間満期の定期預金をはじめ、1年ものから5年ものまで、金利の高さをうたっているネット専業銀行よりも高金利です。

SBJ銀行のANY住宅ローンは、外国資本でまだ日本で開業して間もないSBJ銀行だからこその特徴があります。在日の方や、現在はまだ永住権を取得していないけれども日本に永住希望の外国籍の人も利用できるローンとして、他の銀行にはないメリットでしょう。最長35年までの分割返済が可能で、派遣社員や契約社員でもOKです。狭かったり古い物件の担保にも相談に乗ってくれますし、担保評価額の90%まで融資してくれるというのも、便利なローンと言えるでしょう。

羽田や福岡空港、博多港にはSBJ銀行の両替所があります。取扱い通貨は10ヶ国、中でも羽田空港国際線の両替所は24時間対応で、出国審査後でも両替できるのは便利ですね。また帰国後に両替した現地通貨の再両替の手数料が50%OFFになるというメリットもあります。

SBJ銀行のデメリットのひとつとして、支店の少なさが挙げられるでしょう。東京本店の他、横浜、名古屋、大阪、神戸、福岡など、在日韓国人が多く住んでいる地域や企業が多いところに支店があるようです。支店が無い地方では、口座の開設をするときには郵送によるか、インターネットバンキングの契約をするしかなくなります。

またSBJ銀行は、アメリカ、イギリス、中国、ベトナムなど14ヶ国にネットワークを持っている新韓金融グループの傘下の銀行です。韓国へいった時など新韓銀行のATMでSBJ銀行のキャッシュカードが使えそうな気がしますが、実際には日本国内の提携ATMでしか利用できないのです。

ベールに包まれたSBJ銀行
contents

SBJ銀行の円定期預金

韓国由来のSBJ銀行とは

SBJ銀行の外貨定期預金

SBJ銀行の振込み手数料とATM

SBJ銀行のキャンペーン

SBJ銀行のメリットとデメリット

Copyright © 2014 ベールに包まれたSBJ銀行. All Rights Reserved.